アダルトチルドレンの治療

魚

アダルトチルドレンの治療(1)

アダルトチルドレンは心の傷を癒すことにより、克服することができます。

まず、その方法としては、心療内科等でのカウンセリングを受けます。

アダルトチルドレンとなった原因であるトラウマが、
どのようなものであるかを自身で認識する必要があります。

一般的に行われる心理療法は、一対一の対面で行うものや、
同じアダルトチルドレンの人達と一緒にグループで
カウンセリングを受けるグループセラピーなどがあります。

また、電話で行う場合もあります。

グループセラピーでは、
自分と同じような心の傷を持った人たちの孤独感や不安感、悩み等を知ることができます。

また、自身も躊躇なく打ち明けることができます。

多くの仲間と悩みや問題を話し合うことにより、心の傷を共有することができます。

グループセラピーでの、心の傷を癒す効果は大きいでしょう。

アダルトチルドレン治療は、何度かグループセラピーに参加し、
カウンセリングを受け、時間をかけて取り組む必要があります。

アダルトチルドレンの治療(2)

過去認識

アダルトチルドレンは心の傷を癒すことにより回復の方向へと導きます。

カウンセリング、グループセラピーなどにより効果を期待出ますが、
過去にできた心の傷の原因をたどる必要もあります。

自分では何をすることも、どうすることも出来なかったという事実を認め、
あの過去において一体誰が悪かったのかと思うことも、
重い心、不安な心を軽くする契機になるようです。

現在の自分の孤独感、不安感は何が原因で、何処から来たのか、何が影響を与えてきたのか、
という起源を尋ねる、探すといった努力をすることも良いようです。

現在改革

過去を認識し、これからの自分の理想と思われる生き方を想像してみてください。

そして、少しずつ理想を達成し続けることにより、大きな自信へと繋がって行きます。

自分が成長することにより自分の居場所をつくることができます。

その自分の居場所で、自分を認め、自分を育んでいきます。

しかし、この現在を改革するにはそれなりの努力とパワーが必要です。

長い間に渡って受けた心の傷を癒すのは簡単ではありませんが、

少しの勇気を積み重ねていくことにより、大きな自信となり、
新しい自分に変わっていくことになるでしょう。

アダルトチルドレンとの接し方

アダルトチルドレンの人との接し方は普段どおりにしますが、
他人の心の動きには鋭く敏感になるようですので
気を遣いすぎることで、かえって心の負担になることも考えられますので注意を要します。

普段どおりに、普通の人と同じように接するのは当然のことです。

アダルトチルドレンを完全な病気と思い込み、
心療内科などでのカウンセリングを無理に勧めることは逆効果です。

かえって心に傷を負わせることになりかねません。

アダルトチルドレンの人は、自分も信頼できないマイナス思考となっていますので、
無理強いをしないとうことは重要なポイントです。

アダルトチルドレンの人からの依存には、否定しないで安心感を与え 理解を示すことが必要です。

アダルトチルドレンは心の傷を癒すことにより、克服することができます。

アダルトチルドレンという偏見を持たないで、優しい気持ちで、
大きな心で接するのが一番必要なのかもしれません。

アダルトチルドレンとインナーチャイルド(1)

インナーチャイルドとはどういうものなのでしょう。

アダルトチルドレンは機能不全家庭で育った人が傷ついて大人になった人たちで、
人間関係の構築に大きな障害をもたらしますが、

インナーチャ イルドとは心の中に潜んでいる幼児性のことです。

「大人の心の中の子供」といった方が分かりやすいかと思います。

インナーチャイルドが深く傷ついてアダルトチルドレンという状態を作っていきます。

子供のころの記憶を持った人格や幼児性が傷ついたままになっているため、
大人になっても心的外傷(トラウマ)となって苦しめ続けます。

インナーチャイルドが負った傷を改善することにより
アダルトチルドレンからの克服も不可能ではないように思えます。

子供が本来持っている好奇心や創造力といった自由な心が傷ついた
「大人の心の中の子供」は、成長をやめて眠っているかのようです。

しかし、時として目覚めては、制御できない状況を作ってしまうこともあり
「心の中の子供」は「大人」を翻弄させ、悩ませているのです。

アダルトチルドレンとインナーチャイルド(2)

インナーチャイルドの癒し方

インナーチャイルドを癒すには、「自分の中の子供」に気付いてあげて、
それを認めて受け入れることが必要です。

リラックスして目を閉じて、記憶を子供の時に戻す感じにしましょう。

そうすると、子供の時の自分が見えてきます。

1人で遊んでいたり、友達といたり、泣いていたりといった、いろいろな自分が見えてきます。

あなたはこの「自分の中の子供」を観察してみてください。

「自分の中の子供」が泣いていたり、悲しんでいたりしたら、慰めてあげましょう。

そっと抱きしめ、やさしく語りましょう。

「ごめんね、さみしかったね、1人じゃないんだよ、大丈夫だからね」、、、と。

「自分の中の子供」と何度も逢うことで自分の傷に気付き、インナーチャイルドを癒すことにより、
また慰めることで自分の本来の姿に近づけると言われております。

インナーチャイルドが癒されずにいると、対人関係、親子関係など、
いろいろな悪影響が出て来ます。

また、自分の意思に反し、逆の行動に出てしまい、せっかくのチャンスを棒に振ってしまったといった話は、
インナーチャイルドが癒されずにいる証しなのかも知れません。

友達や同僚、上司の何気ない一言に傷付いた。

恋人や配偶者の態度の不安を感じてしまった。

自分を理解してくれる人がいない。

落ち込み、自責の念にかられてしまった。

同じような問題が繰り返される。

こういった原因は

インナーチャイルドが傷ついた過去の似た状況へと、自然に戻されてしまうからなのです。

インナーチャイルドは癒えることにより、社交的になったり、開放的に変わったりします。

自己表現の不得意の方は行動的になり、新しい自分を感じ取り才能、個性といったものに光が当たり、
イキイキとした生き方へと 変化していきます。

2ヶ月間 うつ病改善プログラム(サポート有)

2ヶ月間 うつ病改善プログラム(サポート無)