うつ病改善

うつ病は、どうしたら治るのか?

 

うつ病女性画像

 

 

うつ病を患っておられる方が、いつも考える事はどうしたら治せるのか?

 

どうすれば治るか?

 

これだけではないでしょうか。

 

 

病院へ薬をもらいに何度通っても・・・
思うように改善しないうつ病に、きっとため息が出ているでしょう。

 

なぜうつ病が改善しないのか?

 

 

うつ病を治すことは、簡単なことではありません。

 

病院の門をくぐることさえ・・・
ためらってしまう方も多く見られます。

 

精神疾患は沢山ありますから、どなたでも精神を患う可能性があります。

 

沢山ある精神疾患の中で、患うことになったのがうつ病と考えることもでるでしょう。

 

うつ病を「心の風邪」と表現する方もおられます。

 

 

どなたでも患う可能性がある点から言えば、心の風邪は当てはまっているかも知れませんが、実際はそのよう生やさしいことではないのがうつ病であり、精神疾患なのです。

 

うつ病の症状はいろいろあり、その症状の全てが微妙に絡み合っていることから、一人一人の症状にも違いがあります。

 

 

風邪のように咳が出ていたら咳止めを、熱が出ていたら熱冷ましを、そして抗生物質の投与で菌を殺す、菌を拡散させない方法が取られます。

 

しかし、うつ病は熱が出る訳ではなく、見えてこない症状がありますから治療を困難にしていると言えそうです。

 

 

うつ病を患うと、症状の改善が見られないこともあり、長い期間苦しんでしまう事が多くなっているようです。

 

うつ病の方は・・・

 

● 毎朝、起きようとしても体が動かない。

 

● うつがひどくて毎日気持ちが晴れない。

 

● 夜は薬を飲まないと眠れない。

 

● 気分が落ち込み何にもできない。

 

● 毎日が不安で辛い。

 

● 何時から働けるようになるのか先が見えない。

 

● 病院の薬を飲んでいるが良くならない。

 

● 再発を繰り返している。

 

● このまま治らないのでは?と不安だ。

 

 

このようなお気持で毎日過ごされているのでしたら、本当につらいです。

 

「うつ病改善マニュアル」は、必ずやあなたの力になれると信じております。

 

 

芽生え

 

 

>> 「うつ病改善マニュアル」

 

 

抗うつ薬とプラセボ

 

抗うつ薬を服用されておられる方々には、ショックかも知れません。

 

 

米国ペンシルバニア大学の研究チームは、こんな研究報告を提示したとのことです。

 

「うつ病の症状が中程度まででは、抗うつ薬の効果は見られない」

 

 

 

抗うつ薬を服用している患者さんと、うつ病の効果がないプラセボ(偽薬)を服用して頂き、効果の比較を行ったとのことです。

 

この実験は、うつ病が軽から中程度の患者さんに行われたデーターで、抗うつ薬を服用した患者さんは、ある程度の症状の回復は見られたようですが、プラセボとの回復度の差は見られなかったと言うことです。

 

 

 

プラセボは偽薬ですから、うつ病の効果は全く無いと思って当然なのですが、プラセボ効果によって、本当の抗うつ薬を服用しているのと同様の効果が認められたと言うことです。

 

 

つまり、抗うつ薬は偽薬と同等のレベルでしかないと言うことになりますから、抗うつ薬を服用しても意味が無いと言うことになります。

 

 

また1995年、米国の精神科医はうつ病の患者さんに抗うつ薬・セルトラリンとプラセボを服用して頂いた時のデーターがあります。

 

それによると、セルトラリンを服用して症状の改善が見られたのは患者さんの60%とのことです。

 

そして、プラセボを服用した患者さんの42%に症状の改善が見られたのです。

 

 

このようなことから、抗うつ薬の効果が出たと思われるのは20%に過ぎないと言うことになります。

 

 

1995年、2010年の実験からも分かるのは、8割の方々が抗うつ薬を服用しても効果が現れない、あるいは効果を期待しても限定であると言わざるを得ないのです。

 

 

限定的な効果を期待するあまり、長期に渡って服用することで副作用が起こり、ますます薬への依存度が増し、さらに副作用が生じる恐れも十分あるのです。

 

プラセボ:治療に有効な成分が含まれていない薬のことです。

 

プラセボ効果:プラセボを服用した時でも有効成分の薬を服用した場合と同様        の効果が表れる。

 

 

うつ病は、本当にうつ病?

 

うつ病を、かつては「心の風邪」などと表現されることもありましたが、そんなのは全くの嘘っぱちでした。

 

風邪なら数日、長くても10日あれば回復しますが、うつ病は回復までには大分期間が掛かるようで、人によっては一生うつ病を患い、生涯を閉じられる人も少なくないと思われます。

 

 

うつ病を患われている人にお聞きしますが、あなたの病気は本当に「うつ病」なのでしょうか?

 

うつ病では無く、他の病名の病気だとしたら、現在処方されている抗うつ薬を飲み続けたとしても改善には至らない、治らないと言うことになるでしょう。

 

それはそうですよね。

 

病気が違いますから、他の病気の薬を飲み続けても治らないのは当然のこととは思われませんか?

 

うつ病を患われる人で、薬を飲み続けてきたけれど改善しないと言う場合は、他の病気を疑った方が良いかも知れません。

 

では他の病気とは、どんな病気なのでしょう??

 

病名はご存知の人は多いと思いますが、双極性障害と言う病気です。

 

この病気はうつ状態と躁状態が繰り返し現れる病気です。

 

つまり、ハイテンションになったり、活動的になったり、知らない人に話しかけたりする躁状態の時には病気とは考えられない、考えにくい状況ですから、病院を受診する時はうつ状態が酷い時になります。

 

うつ症状とは正反対の躁症状が現れている時があるとしても、医師に告げるのは酷いうつ症状のあれこれになるでしょう。

 

話を聞いた医師の診断は「うつ病」となり、投薬の開始となります。

 

患者さんとしては、どうしてもうつ症状を知って欲しいことから、酷い状況をしっかり確実に言い、医師に認めてもらいたい衝動に駆られる事が多くなります。

 

躁状態とうつ状態が交互に来ることから、医師も正確な判断が困難のようで、うつ病の患者さんが双極性障害と分かるまでに7年ほども掛かると言われていますから、双極性障害にも関わらずうつ病と診断される可能性があるのです。

 

 

うつ病を患う人の全てが双極性障害とは思いませんが、うつ病が改善しない、回復が認められない場合は双極性障害の可能性も否定できないと言えるでしょう。

 

うつ病と双極性障害では服用する薬が違いますから、抗うつ薬を飲み続けても症状が改善しないのは、当然と言えば当然なのです。

 

先ほども記述しましたが、双極性障害は躁状態とうつ状態が交互に、あるいはランダムに現れてきますから、躁状態が続く時にはうつ病が改善したと思い、うつ状態が現れた時にはうつ病が再発したと思ってしまいますから、ますます双極性障害の中に浸かってしまいます。

 

そして、より酷いうつ症状に見舞われることにもなりかねないのです。

 

もし、ご自分にうつ症状が有り、気付いていない躁症状が有ると思われる場合は双極性障害の疑いもありますから、こちらの「うつ病改善マニュアル」を試してみる価値は十分あるでしょう。

 

抗うつ薬でも双極性障害の薬でも、飲み続けることは副作用を導き、新たな症状を生み出す懸念も否定できないのです。

 

 

うつ病女性画像

 

 

1日10分!布団の上でもできる話題のうつ病治療法!!

 

● うつ病を治すのは難しい!

 

● うつから抜け出すのは無理だ!

 

 

・・・などの先入観が持たれると、更にうつ病を悪化させるとも考えられます。

 

うつ病改善マニュアルは、思いの他布団の上で簡単に出来る言いますから、信じて信じて実践して頂きたいと思っております。

 

 

長く患ったうつ病が、やっと改善する時が来ました!

 

うつ病を治すチャンスが、やっと訪れました!

 

 

・このままの状態を続けますか?

 

・このまま抗うつ剤を飲み続けますか?

 

・いつまでうつ病でいますか?

 

 

うつ病改善マニュアルがありますから、どうか手に取って、うつ病を改善してください、治してください!

 

新しい人生が始まりますように・・・

 

 

心療内科でカウンセリングを受けても、改善しないうつ病!

 

たくさんの薬を服用しても改善しないうつ病!

 

一刻も早くうつ病から抜け出したい方、改善を望まれる方に「うつ病改善マニュアル」をお勧めいたします。

 

さあー
心も身体も軽くして、新しい一歩を踏み出しましょう。

 

 

 

手をこまねいている暇はない!

 

ケガや内臓疾患の場合は外見、あるいは最新医療機器などから症状を把握できますが、うつ病はそうはいきません。

 

心の中の状態は一番自分が知っている思いがちですが、自分でも分からないのです。

 

そして、どうすべきか分からないのもうつ病なのです。

 

 

兎にも角にも、手をこまねいていては症状の悪化を待つだけになります。

 

誰も、症状を本当に改善してはくれません。

 

自分がまず一歩前に歩み出すことが、うつ病を改善する最良の方法なのです。

 

 

ご自分が、うつ病を改善する!可能性のある方法を見つけた時には、ちゅうちょしないで試してみることが、うつ病を改善に持ち込むには非常に重要なのです。

 

 

< 追伸 >

 

効果が現れるかどうかは、人によって違いがあります。

 

どんな薬でも、効き具合は違います。

 

長い期間、うつ病に苦しんでおられるのでしたら、試してみる価値は絶対にあります。

 

この方法で改善したら、新しい人生がスタートします。

 

まずは、愚直に実行してくださいますよう、宜しくお願い致します。

 

 

芽生え

 

 

>> 「うつ病改善マニュアル」