うつ病の改善

適応障害 (1)

適応障害とは、その言葉通り新しい環境や出来事に上手く適応できない、対応できない事によりうつ病と似た症状が起きる事をいいます。

 

就職、転職、配置転換、進学、結婚、失業、肉親との死別等、新しい環境、突然の出来事に適応するためには時間が必要です。
しかし、上手く自分の中で処理できず、対応できずストレスとなって、さまざまな症状を引き起こします。

 

不安、落ち込み、集中力、意欲の低下、自信の欠如、過敏な神経、などの内的症状があります。外的症状としては倦怠感、頭痛、動悸、焦燥感、緊張、不眠、下痢、怒りぽいなどの症状が見られます。

 

学生においては、学校への不登校、社会人においては、出社拒否、引きこもり、家庭内においては別居、離婚なども見うけられます。
また、お酒に走ったり、ギャンブルにのめり込むといったケースもあります。

 

適応障害は特別な病気ではなく、誰にでも起きる病気なのです。
適応障害の改善が思うようにいかずに長引いてしまうと、症状の悪化が進み、うつ病へ移行してしまうこともあります。

 

適応障害 (2)

適応障害が悪化してくると不自然な行動が見られるようになります。

 

期限や時間が守れない、約束、規則が守れない、会社員においては、欠勤が増えたりします。
また、嘘をつついたりごまかしも増えるようです。

 

適応障害の症状は周囲から見れば、自分勝手、非常識、協調性のない人と思われるでしょう。
病院でも、うつ病なのか、適応障害なのか、判断が難しい状況になってきているようです。

 

しかし、この適応障害もうつ病と同じで、改善には周囲の方の正しい知識と理解がどうしても必要なのです。
うつ病と適応障害の境界線が付けられない状況で、どのようすれば改善できるのでしょうか。

 

適応障害は、ストレス要因の解決や薬物療法などの治療により3カ月以内に改善されると言われております。
また慢性化していたとしても6カ月で改善されるようです。

 

しかし、一向に改善の兆しが見えない場合には、うつ病を視野に入れなければなりません。
病院の診断名が正しくなかった可能性があります。
それだけ、
うつ病と適応障害の境界線が判断しずらい状況にあると思います。

 

適応障害 (3)

2004年7月30日に宮内庁からの発表によりますと、皇太子妃雅子さまの病名は「適応障害」というものでした。

 

記憶に残っておられる方も多いと思います。
何となく言葉の意味から、どういったものか想像は出来ました。

 

一般の女性が皇室に入られるという事は、御本人にとっては相当のストレスがあったものと思われます。
また、雅子さまの人格否定発言などで心理的ダメージは相当のものと思われます。

 

一般人の就職、転職、配置転換、進学、結婚、失業、肉親との死別等における適応障害とは、また違い、何から何まで全く違う環境の皇室に入られる訳ですから、そういった病気になられるのは当然の成り行きなのかも知れません。
自由気ままに実家を訪ねたりすることもままなりません。

 

適応障害は薬物療法等で短期間の3カ月で改善、消失する事が可能です。
慢性化した場合には6カ月で改善されるという事ですが、
未だ全快に至らない雅子さまの場合は重度の適応障害のようです。

 

日々、改善の方向に進んでいらっしゃるという宮内庁の発表がございますが、まだまだのご様子で、一進一退の状況が続いているように思われます。
一日も早い全快をお祈りする次第でございます。

 

芽生え

 

2ヶ月間 うつ病改善プログラム(サポート有)

 

2ヶ月間 うつ病改善プログラム(サポート無)