うつ病の改善

うつ病の人との接し方 (1)

自分自身でうつ病を自覚している人はそういません。
本人の自覚としては、体調がおかしい、やる気がおきない、勉強も仕事も手に付かないなどがあります。
周りの人間は、いろいろと推測し、怠け者とか人格が変わってしまったとか言い、時には責めたりします。

 

本人はただ混乱し、悲しみ、そして怒りにつつまれてしまいます。
うつ病の人を放って置いては何の解決策にもなりません。

 

話を良く聞いてあげる事です。話を聞いて、理解を示し、共感を持ってあげるのです。
ただ適当に相槌を打つのではなく、会話の中身より、感情を良く汲み取って上げるべきなのです。

 

そして、常に気にかけ、味方の存在を伝えましょう。
うつ病の病的部分は指摘したりしないで、本人の健康に関する所を評価するのも良いでしょう。
うつ病の改善に焦りは禁物です。

 

気を長く持って、しっかりと話しを聞きながら、理解しながら歩いて行きましょう。
なかなか改善が見られないと、激しい怒りを感じる時があるかもしれません、

 

不安にさいなまれる事があるかもしれませんが、
本人が一番苦しんでいる事を理解して上げなくてはいけません。
それがまた、うつ病を改善させてあげられる一つの方法であると思って下さい。

 

うつ病の人との接し方 (2)

うつ病の人に対して、叱咤激励は非常にマイナスの面が大きいです。
かえって、逆効果です。

 

身体的な病気、怪我とは全く異なった接し方になります。
励ましの言葉はかえって本人の負担となって、ますます追い詰めることになりかねません。

 

家族はもちろんの事、友人の人達の協力を得て適切に接する事が、うつ病の回復に非常に重要です。
気を置く事なく話が出来る親友などに本人の話を良く聞いてもらい、多くの共感を得られることで、本人が自信を持つことへ繋がって行きます。

 

説得、お説教、自己解釈でうつ病の話を展開するなどは、もっての外です。
かえって、うつ病のの悪化を招くだけです。
心の病を外見から判断できるのは、ほんの少しです。

 

心の苦しみは、氷山の一角のようにほとんどは隠れていて見えません。
それだけ、うつ病の回復は困難を伴うという事です。
良く話しを聞いて、良く理解し、共感を持って接しましょう。

 

うつ病の人との接し方 (3)

● プライバシーの配慮は十分にして、うつ病に掛かっている人が何の神経を使うことなく、安心して話が出来るような場所でゆっくり話を聞きましょう。

 

他の人は誰も話を聞いていないので安心するように伝えましょう。
大きな声を出したり、早口になったり、聞き返す事のないように、気をつけましょう。

 

ゆったりした雰囲気の所で、時間を気にしないで、心が落ち着ける場所で話をしましょう。
また、会話内容を誰にも話したり、伝えたりしないので安心して話をしてくれるように本人に伝えましょう。

 

相手が話をしたくない時は、無理に聞き出すようなことは避けるべきです。
時として、沈黙が続くこともあるかもしれませんが、気にしないでください。
そのような時は待ちましょう。

 

相手の気持ちに共感を持ちながら、しっかりと話を聞きましょう。
心の内を、思いを、話してくれるのを気長に待ちましょう。
そして、十分に本人の気持ちに添いつつ話を聞くことに努めましょう。

 

うつ病の人との接し方 (4)

● 職場でうつ病の同僚との接し方は特に注意が必要です。
何気ない一言がうつ病の悪化を招きかねません。
職場の人間全てがうつ病に対しての知識がある訳ではありません。

 

不用意な発言には職場の仲間、上司を含めて、気をつてなくてはいけません。
頑張り屋でまじめな気質の方がうつ病にかかりやすいと言われておりますので、「頑張れよ!」とか「頑張ってるか!」などの言葉は禁句と思って下さい。

 

励まされる事により、「頑張ろう」と思うものの、出来ないのがうつ病なのです。
出来ない事により自分をますます落ち込ませ、ストレスが膨らみ、うつ病を悪化させてしまいます。

 

職場ではうつ病の方を邪魔者扱いしないで、それなりの仕事を与え、自信を持ってもらう事が重要です。
自分が会社において、「必要な人間だ」と感じてもらい、決して「必要のない人間ではない」という事を認識してもらいましょう。

 

言葉の一つ一つに敏感になり、何気ない同僚の会話が“自分の事を話している”と解釈してしまいます。
まして、ヒソヒソ話と受け取られるような会話は絶対にしてはいけません。

 

 

芽生え

 

2ヶ月間 うつ病改善プログラム(サポート有)

 

2ヶ月間 うつ病改善プログラム(サポート無)