パーソナリティー障害

パーソナリティー障害

パーソナリティー障害とは一般的な多数の成人と比べて、違う行動や反応をすることで本人が苦しんでいる状況に陥っている精神疾患です。

 

このパーソナリティー障害は他の精神疾患と伴って存在することも多々あり、うつ病、摂食障害といった疾患と伴うことも多いようです。

 

自我形成期の家庭環境などの様々な外的要因と生まれながらに持っている気質により思春期以降に表面化する事が一般的です。

 

現在、アメリカ精神医学会の診断基準(DSM-IV-TR 2000)では、10種類のパーソナリティー障害に分類されておりますが、大きく3群にわかれます。

 

クラスターA群:風変りで妄想を持ちやすい性質

 

クラスターB群:感情の混乱と情緒的性格。

 

クラスターC群:不安や恐怖心を強く感じる性質。
・・・に分けられております。

 

環境によっては、同じ状態であったとしても「パーソナリティー障害」という判断されないこともあります。
これは「パーソナリティー障害」が社会環境や文化に依存するというものから来ています。

 

 

芽生え

 

 

「うつ病改善マニュアル」