うつ病の改善

PTSD(外傷後ストレス障害)

PTSD(外傷後ストレス障害)は死を意識する、あるいは重傷を負うような体験によって心理的なトラウマ(外傷)が生じ、特有の障害を引き起こす疾患です。

 

PTSD(外傷後ストレス障害)は地震、津波、洪水、火事、事故などの災害や虐待、監禁、強姦などいろいろな原因で生じてきます。

 

このような体験の後、下記の3つの症状が1ヶ月以上続いている場合はPTSDと診断し、1ヶ月未満の場合はASD(急性ストレス障害)と診断します。

 

1. 精神の不安定における不眠等の過覚醒症状。
  危険が継続しているような状態で神経が極度に 張り詰めている。

 

2. トラウマになった原因事柄に対しての回避。
  体験した記憶を思い出さないよう意識から切り離す。

 

3. 原因の目撃や体験の再体験(フラッシュバック)
  体験がフラッシュバックとして再生され、幻覚、錯覚、悪夢などを見たりします。

 

多くは6ヶ月いないに発症しますが、6ヶ月以上遅れて発祥する「遅延型」も存在しております。

 

芽生え

 

2ヶ月間 うつ病改善プログラム(サポート有)

 

2ヶ月間 うつ病改善プログラム(サポート無)