うつ病の改善

アスベルガ―症候群

アスベルガ―症候群は、全体のおよそ75%が男性で興味・コミュニケーションについて、特異性が認められる広汎性発達障害になります。

 

特定分野における興味については、驚異的な集中力と知識を持っており、「周りの空気を読む」ということは苦手ですが、会話においては、聞かれたことについては素直に答えるという一面があります。

 

アスベルガ―症候群の特徴

IQが知的障害域でないことが多いので「知的障害がない自閉症」と呼ばれることが多いのですが、個人差によりその程度は異なってきます。

 

アスベルガ―症候群は、一つのカテゴリーであり、人によって障害の度合いは千差万別なのです。
アスベルガ―症候群の大きな特徴は、他人とのコミュニケ―ションが苦手ということなのですが、これは、親兄弟などの身内に対して同様なのです。

 

人が口に出して言葉で言わなければ、「意図していることが何か」、ということを理解できないでおり、相手から発せられるメッセージを理解しようと努力しても、相手の心の解読まで至らないことが多いのです。

 

睡眠は、脳を整理・形成する働きを持っておりますが、アスペルガー症候群は、脳の働き・思考メカニズムが定型発達者(正常者)とは異なるため、睡眠障害は非常に起こしやすい二次障害になります。

 

睡眠障害に一度なると、どんどん悪化してしまう傾向にあります。
また、難治性でもあるため、生活していく上で睡眠障害を起こさないように就寝・起床時間を規則正しくすることが重要になります。

 

睡眠障害の症状が見られた場合は、早急に治療をする必要があります。
睡眠外来で診てもらう場合は、アスペルガー等の発達障害をもっていることを事前に申告することが望ましいのです。

 

アスペルガー症候群の対処法

アスペルガー症候群のメカニズムが詳細にわかっていないため、残念ながら現時点では原因を取り除くことも、治すことも出来ないのです。

 

しかし、社会生活を送る上でのハンディキャップになりやすい「他人に自分の気持ちを伝え難い」あるいは「周囲の暗黙のルールが分り難い」といった症状を心理療法で改善させることが可能なのです。

 

イライラが強かったり、或いは夜眠れないなどの症状がみられる場合には、薬物療法を行うことで一定の効果を示すこともありますので、精神科医への相談をお勧めします。

 

芽生え

 

2ヶ月間 うつ病改善プログラム(サポート有)

 

2ヶ月間 うつ病改善プログラム(サポート無)