うつ病の改善

摂食障害と治療

摂食障害とは、精神疾患の一種で食行動の異常に基づく原因不明の疾患です。

 

主に、拒食症(きょしょくしょう)や過食症(かしょくしょう)などとして良く知られています。
原因としては、人間関係の問題などの心理的ストレスに対する耐性不足や社会適応性の未発達あるいはコミュニケーションの不全が原因とされております。

 

摂食障害は拒食症と過食症に分けられますが、この2つは相反するように捉えられていますが、拒食症から過食症へ移行するケースが良く見られます。
痩せていることが美しいとする文化的背景がある地域に、より多く見られます。
摂食障害は、思春期、青年期の95%の女性に見られ世界的に大きな社会問題になっています。

 

また、近年では摂食障害の低年齢化、高年齢化していると言われております。
難治性の高い摂食障害は、慢性化の傾向が高く、平均体重の80%以下が拒食症に分類されています。
ある一定時間、食物を口に入れてソシャク行為はするものの飲み込まないで吐き捨てるといった行動を繰り返すことも良く見られます。

 

治療としては、自己の体重へのこだわりや評価を正常に戻すための心理療法が行われますが、薬物治療や栄養の指導も行われて心身の回復を目指します。

 

芽生え

 

2ヶ月間 うつ病改善プログラム(サポート有)

 

2ヶ月間 うつ病改善プログラム(サポート無)